本の紹介

2019年9月20日 (金)

少食とアンチエイジング(マトリックス的考察)

トーニャさんは、カロリー制限が美容と健康の鍵だと言っていて、その話を紹介しようと思っていたのですが、日本語で同じような話を書いている本がありましたので、まずそれを先に取り上げることにしました。(あと、映画『マトリックス』の世界観についても)

続きを読む "少食とアンチエイジング(マトリックス的考察)"

|

2019年6月28日 (金)

大嶋信頼さんの本の効果にびっくり!

最近、「私って、なんか人に振り回されてない?」と思うことが多くなり、ふと、ネット検索で見つけた『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』(大嶋信頼著)という本を読んでみることにしました。

続きを読む "大嶋信頼さんの本の効果にびっくり!"

|

2019年6月 7日 (金)

暗い方面は決して見ないで光明輝く方面をのみ見る

あなたには、どう見えますか?

Glassofwater_2

半分入っている

それとも

半分空(から)になっている

続きを読む "暗い方面は決して見ないで光明輝く方面をのみ見る"

|

2019年3月 1日 (金)

食のあらゆるプロセスを楽しむ

今日は、先々週の記事「中庸は凡庸」で引用した『やすらぎの戦士』(ダン・ミルマン著/上野圭一翻訳)の場面の続きです。

続きを読む "食のあらゆるプロセスを楽しむ"

|

2019年2月15日 (金)

中庸は凡庸

中庸とは凡庸のことだ。恐れや混乱をごまかしているにすぎん。悪魔の分別から生まれるあざむき、腰抜けの妥協だ。そんなものじゃ幸福にはなれん。中庸は甘口の連中や弁解がましい連中の思想、確固とした立場をとることを恐れる日和見主義者の思想だ。笑うことも泣くことも恐れる連中、生きることも死ぬことも恐れる連中のものだ。

           ------『やすらぎの戦士』(ダン・ミルマン著/上野圭一翻訳)より

続きを読む "中庸は凡庸"

|

2018年11月30日 (金)

姿勢の問題あれこれ

姿勢改善に向けてあれこれ調べているせいで、他人の姿勢にもつい目が行ってしまうのですが、姿勢がいい人って、なかなかいませんね。

そして、ある程度の年齢になると、どこかしらに痛みを抱えている人が多いです。

今日は、『足と腰の痛み 我慢するほど悪くなる』(日野秀彦著)という本をベースにして、姿勢についての私の日頃の悩みや思いについて書いてみます。

続きを読む "姿勢の問題あれこれ"

|

2018年10月26日 (金)

やすらぎの戦士

『やすらぎの戦士』(ダン・ミルマン著/上野圭一翻訳)という本を読みました。

あまり期待していなかったのですが、非常に面白かったです。

続きを読む "やすらぎの戦士"

|

2018年10月 5日 (金)

ひざ裏のばしですべて解決

お久しぶりです。

更新休止中も健康オタク生活は続けていて、新たな挑戦で新たな発見があったりと、小ネタがいくつかたまっています。

今日はそのうちのひとつ、『ひざ裏のばしですべて解決』(川村明著)という本を紹介します。

続きを読む "ひざ裏のばしですべて解決"

|

2017年9月 1日 (金)

片岡鶴太郎さんの本と健康志向の有名人

片岡鶴太郎さんの本、『50代から本気で遊べば人生は愉しくなる』を読みました。

(ネットで立ち読み版が公開されています。)

鶴太郎さんについては、お笑い芸人、俳優、ボクサーあたりまでの活動は知っていたのですが、その後、画家、書家、そして、現在はヨギーだそうですね。

最近テレビを見ていないので、そんなことはつゆ知らず、ネットのニュースのヘッドラインで遅ればせながら知りました。

続きを読む "片岡鶴太郎さんの本と健康志向の有名人"

| | コメント (2)

2017年6月30日 (金)

意識のもち方で食欲をコントロールする

俳優の榎木孝明さんが行った30日間の「不食」を記録した本、『30日間、食べることやめてみました』を読みました。(DVDが付録として付いていて、映像で確認することもできます。)

「断食」ではなく、「不食」であることに興味を引かれました。

続きを読む "意識のもち方で食欲をコントロールする"

| | コメント (4)