« 中庸は凡庸 | トップページ | 食のあらゆるプロセスを楽しむ »

2019年2月22日 (金)

非加熱処理のミネラルウォーター

今日は時間がないので、最近の小さな発見について。

イオン(スーパー)のプライベートブランド(TOPVALU)天然水が「非加熱処理」だったということ。

過去記事(「ミネラルウォーター」)に書いたとおり、日本の水は軟水でミネラル分が少ないということで、ときどきエビアンを買ったりしているのですが、通販だし、値段も高いので、日常的に飲むのは、日本のものにしたいなあと思っていました。

そこで、ネットで調べていたら、日本のメーカーのミネラルウォーターは加熱処理しているものが多いという情報に行き当たりました。

元々ミネラルが少ない上に、加熱処理していたとは。。。

イメージとして、ミネラルウォーターというのは、天然の水をそのままボトルに詰めていると思っていたのですが、そうじゃないんですね。

加熱処理はしていなくても、殺菌処理はしているということで、安全衛生上、いろいろな縛りがあるということでしょうか。

で、冒頭に書いたトップバリューの天然水。

メーカーのサイトによると、

“非加熱処理のナチュラルミネラルウォーターです。

山梨県の工場で作っています。

採水地:山梨県南都留郡山中湖村

Topvalu__3

だそうです。

ペットボトル飲料なんで、他人様には手放しでお勧めできるものではないのですが、私はしばらくこの水をメインで飲むことにしました。

※ 採水地は、山梨県の他、三重県や宮崎県のものがあるようですが、どれも非加熱処理と説明されていました。販売地域によって採水地(工場)が違うのでしょうかね? うちの近所のイオンは山梨のものでした。

※ 関連記事

水はどうしたらいい?(飲用・浴用)(2017.05.26)

ミネラルウォーター(2018.10.19)

 

|

« 中庸は凡庸 | トップページ | 食のあらゆるプロセスを楽しむ »

食材・調味料」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事