« 靴底の汚れから見る文明と自然 | トップページ | 合掌合蹠運動 »

2019年1月25日 (金)

くるみと海藻とアボカドとりんご酢のサラダ

最近お気に入りのサラダの材料。

Walnut_seaweed_avocado_acv

くるみと海藻とアボカドとアップル・サイダー・ビネガー(非加熱のりんご酢)。

今日のサラダ

【材料】

    • アボカド
    • たまねぎ
    • ミニトマト
    • ピーマン
    • きゅうり
    • 海藻(水で戻したもの)
    • レタス
    • くるみ
    • りんご酢

アボカドをつぶしてりんご酢と混ぜ合わせ、ペースト状にし、これをカットしたその他の材料と混ぜ合わせ、レタスの上に載せて食べました。

大昔、まだ加熱雑食だったころ、きざんだゆで卵をマヨネーズであえたものが大好きだったんですが、アボカドとりんご酢を合わせると、それに近い味になるように思います。

(私は生菜食歴が長くなってきて、味覚が普通の人からかけ離れてしまっているので、現在加熱雑食の人が食べたら、「全然違う!」って言われちゃうかもしれませんが。。。)

くるみはそのまま食べると、特に美味しいとは思わないのですが、サラダに入れると、なぜか感動的に美味しいです。食感もぐっとアップします。 くるみのおかげでよく噛むようになり、咀嚼回数も増えて、一石二鳥。そして、くるみはローストも味付けもされていないものが一般的なので、近所でも入手しやすい

以前、くるみとりんごとレーズンとセロリにレモン汁をかけたウォードーフサラダにはまったこともあるのですが、デーツで歯の詰め物(自費で入れたセラミック!)が取れてしまって以来、ドライフルーツを食べるのは自粛しているため、ウォードーフサラダはたぶんもう食べることはないと思います。。。

写真の「海藻サラダ」には、わかめと糸寒天と白きくらげとめかぶと赤つのまたが入っています。おそらく機械乾燥で、「ロー」ではないでしょう。生のものを食べることもありますが、お手軽なので乾燥させたものの頻度が多くなっています。海藻は、マーカスさんがミラクルフードと呼んでいるので、頻繁に食べていて、ローカロリーでカサがあって食べ応えがあるところも気に入っています。

非加熱のりんご酢は日本のメーカーでは作っていないようなので、アメリカのものを買っています。以前は、日本のお店で売っているアリサンの「エデン」をよく買っていたのですが、最近はアメリカのお店からBraggのものを送ってもらっています。

りんご酢は過去記事にも書いたように、頭皮、顔その他全身に使えます。

肌は弱酸性に保ったほうがいいので、石鹸などのアルカリ性のものより、お酢のような酸性のもののほうが相性がいいです。そして、お酢の中でも、非加熱のりんご酢は、肌にとても優しいです。

りんご酢は、原液をそのまま飲んだり肌につけたりする人もいるようですが、初めて使う場合は、必ず水やお湯で薄めて使って、自分のカラダと相談してから、原液をそのまま使うかどうか判断したほうがいいと思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エデン アップルビネガー(473mL)【エデン】
価格:680円(税込、送料別) (2019/1/25時点)


 

|

« 靴底の汚れから見る文明と自然 | トップページ | 合掌合蹠運動 »

食材・調味料」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴底の汚れから見る文明と自然 | トップページ | 合掌合蹠運動 »