« 歯周病 | トップページ | エルヴィス・プレスリーとジョン・ウェインの共通点 »

2018年11月16日 (金)

卵でエイジングケア

Cage_free_eggs_3

今日は卵白・卵黄・卵殻膜を使った美容法について。

菜食を始めてかれこれ13年。ずっと卵とは無縁の生活を送っていたんですけど、ここ2か月弱、毎日1個、消費しています。

食べてはいません。

ぎゅうぎゅう詰めの鶏舎には賛同できないので、平飼いの卵を選んで買っています。

徒歩圏内にはないけど、車で15分ぐらいの距離まで足を延ばせば、3店舗ほど平飼い卵を置いているところがありました。(普及してきているんでしょうかね?)

● 13年ぶりに卵を買おうと思い立った訳

トーニャさんのメルマガを読んだのがきっかけでした。

卵殻膜(卵の殻の内側にある薄い膜)には傷痕を治す力があると書いてあったんです。

ケロイド状の手術痕の上に貼っておいたら、目立たなくなったそうで、BeforeとAfterの写真がトーニャさんのブログに出ています。

私は右の二の腕にある種痘の痕が気になっていたので、少しでも目立たなくなったらいいなと思って、卵殻膜によるケアを試してみることにしました。

卵殻膜を殻からはがして、一晩貼っておく。

これだけのことなんですが、はがすのが意外に難しい。

特に、夜、疲れて眠いときにやると、手元が狂って、うまくはがせず、かなりストレスでした。

そして、私の種痘の痕は50年以上前のものだからか、目に見える変化はなく、乾いた卵殻膜が寝床に散らばってしまうのも嫌で、2週間程度で断念。。。

● 卵を買い続けている訳

卵殻膜ケアは断念したのに、卵を買うのをやめなかったのは、卵白洗顔にものすごい手応えを感じたからなんです。

当初、卵殻膜にしか興味がなかったのですが、卵白や卵黄を捨てるのはもったいないので、それぞれの使い道をリサーチしたところ、卵白は肌に、卵黄は髪に効果があることが分かりました。

私は子どもの頃から生卵が苦手で、両親が喜々として生卵をご飯にかけて食べているのを見ては、「よくあんな気持ちの悪いものが食べられるよな」と思っていました。

あのどろっとした感じと生臭さ。。。

菜食を始めて、卵から離れていたので、ずっと忘れていたのですが、今回あらためて見て、やっぱり不気味でした。

この不気味なもので顔を洗うというのは、非常に抵抗があったのですが、最終的に、肌をきれいにしたい気持ちのほうが勝りました。

最初はあまり実感がなかったんですが、2週間ぐらい経った頃、顔色が明るくなり、肌にハリが出てきたことに気づきました。

卵白にはマイルドなピーリング効果があるようです。

年齢を重ねて、肌がくすんでくるのは、古い角質が残っているからだそうで、この古い角質を取り去り、肌のターンオーバーを活性化させると、肌色・肌つやが改善してくるようです。

私はシミ・ソバカスがある上にくすみが加わって、若い頃より、ずいぶんと色黒な感じになっていました。

でも、卵白洗顔のおかげで、今は、かなり昔の色に近づいてきました。

卵黄ヘアパックは卵白洗顔ほどの感動はありませんが、そこそこ髪にコシが出てきたのと、ヘナの発色が良くなりました。

● 実践方法

夜、お風呂に入る前に、卵を割って、黄身と白身に分けています。

卵白は朝の洗顔にも使うので、半分を取り分けて、冷蔵庫に入れています。

卵黄のヘアパックは、初めの頃、オリーブオイルを混ぜていたのですが、オイルを入れると洗い流す時間が余計にかかるので、今は卵黄だけにしています。

段取りとしては、お風呂に入ったら、まず卵黄を髪にぬりつけてしばらくおいておきます。その間に、温冷浴をして、卵白で洗顔し、その後、卵黄と卵白を洗い流しています。

卵黄や卵白は、お湯だと固まってしまいそうなので、水であらかた流してから、お湯を使っています。

卵白はメレンゲにするという方法もあるようですけど、私はモノグサなので、そのまま、どろっとしたものを顔にぬりつけています。

すぐに手のひらから滑り落ちてしまうので、洗面器で受けとめて、再びすくいとって顔にぬりつけるというのを繰り返しています。

最初は、顔だけ卵白で洗っていたのですが、顔色が良くなってきたので調子づいて、夜は、首やデコルテまで洗っています。朝は時間がないので、顔だけですが。。。

                                               ◇  ◇  ◇

生卵に抵抗がある方もおられると思うので、万人向けではないかもしれませんが、肌や髪の衰えに悩む中高年にはお勧めです。

(卵アレルギーの方は、まず、ローフードや断食エネマなどをして、体質を改善しましょう。)

そして、卵白洗顔後はピーリングされて、バリア機能が落ちるみたいなので、肌を守るようなものを何かつけた方がよさそうです。私はホホバオイルを使っています。



« 歯周病 | トップページ | エルヴィス・プレスリーとジョン・ウェインの共通点 »

Tonya Zavasta」カテゴリの記事

美容法」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯周病 | トップページ | エルヴィス・プレスリーとジョン・ウェインの共通点 »