« 人間の本来の食性 | トップページ

2018年7月13日 (金)

牛乳を飲めば病気になり、飲まなければ健康になる

この写真は子どものときのマーカスさん。

Little_markus_wi_milk_containers

出所: マーカスさんのFacebook

ぱっと見、悩みなど全くない、あどけない可愛い男の子って感じですが、苦しい子ども時代だったようです。

ひどいアレルギーと喘息のため、毎週アレルギーの注射をされ、吸入器を常用し、夜中に具合が悪くなって、地元のお医者さんに頻繁に往診してもらっていたとか。

呼吸するたびにヒューヒュー音が鳴って(喘鳴)、痰で窒息しそうになるため、みんなからマーカス(Markus)ではなく、「ミューカス(mucus=粘液)」と呼ばれていたらしい。

そして、そんな病弱な少年が手に持っているのは牛乳を入れる容器。

粘液を大量に発生させる諸悪の根源。。。sad

これと対照的なのは、『チャイナ・スタディ』 (China Study) の著者、コリン・キャンベル博士のエピソード。

博士は最近、尻もちをついてしまったそうなんです。

84歳という年齢を考えると、致命的なアクシデント(骨折→寝たきり)。

ところが、医者が検査してみると、博士の股関節はまったく損傷を受けていなかったらしい。

驚く医者に向かって

私は牛乳を飲まないからね

とひとこと。

(ちなみに、博士は酪農を営む家に生まれ育っています)

牛乳(+乳製品)の摂取が明暗を分けますね。

             ◇  ◇  ◇ 

※関連記事

牛乳神話から抜け出すチャンス

タンパク質はどこから取る?

肉食が外見に及ぼす影響

パン・小麦粉食品を断つ

なにはともあれ牛乳・乳製品をやめる

骨を強くするには?

« 人間の本来の食性 | トップページ

Markus Rothkranz」カテゴリの記事

食材・調味料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の本来の食性 | トップページ