プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴12年。

    follow us in feedly

開運ブログパーツ

« 今日の選択が未来を作る | トップページ | 総合案内(ver. 5) »

2018年4月27日 (金)

無痛自然分娩

今日は、自宅の浴槽で自然分娩することを選択されたシルバー(Sylver)さんご夫妻のインタービュー動画(2015年8月公開)を取り上げます。インタビュアーは、このブログではおなじみのマーカスさんです。


YouTube: Natural Childbirth- Painless and Beautiful at Home in Bathtub- actual footage

マーカスさんがシルバー邸(豪邸!)を訪問して、ご主人のマーシャル(Marshall)さんと奥様のエリカ(Erica)さんに話を聞いています。

マーシャルさんは、マーカスさんの "Prosperity Secret(繁栄の秘密)"という本やDVDにも登場する億万長者で、お城のような邸宅、ロールスロイスや自家用ジェット機を所有し、リチャード・ブランソン(Richard Branson)氏所有の島を丸ごと借り上げて親族の集まりを開いたりしています。彼曰く、年収100万ドル(約1億円)を楽しく稼ぎ出すことができない人は「貧民」なのだそうです。coldsweats02

(マーシャルさんは先祖代々裕福な一族の出というわけではなく、町一番の貧しい子だくさんの母子家庭から一代で大富豪にのし上がった方なので、彼のサクセスストーリーはある意味とても説得力があります。)

そんなシルバー家ですから、世界最高峰の医師や医療機関、医療技術に頼ることも可能だったわけですが、3人のお子さんの出産に関しては、敢えて医者や薬などの助けは借りず、自宅の浴槽で、助産師とドゥーラ(※)とご主人の立ち会いの下で自然分娩することを選択されました。

※ ドゥーラ: 出産に関するアドバイスやサポートを行う女性。医療スタッフではないが自らの経験を基に、出産時や出産後の母親に対する支援を行う。

エリカさんは、身長が約152cm、体重約45kgということで、アメリカでは非常に小柄な人と見なされてしまうようです。

第1子の妊娠中、3か月目にして早くも医者から、非常に小柄であるという理由だけで、帝王切開を勧められたそう。この提案に憤慨したご主人のマーシャルさんは、その医者をクビにして、リサーチを開始。

マーシャルさんは、過去記事でもちょっと触れていますが、プロの催眠術師です。催眠術を出産に活用すれば無痛自然分娩が可能なのではないかと考えて実行し、エリカさんは、麻酔その他の薬が一切ない状態でも痛みを感じることなく、自力で分娩することができました。

この催眠療法(?)は、出産時だけでなく、妊娠初期の頃から実行していて、胎児も催眠状態だったのかもしれません。そして、マーシャルさんの催眠術の腕前もすごいのでしょうが、私個人としては、ご夫婦の信頼関係の強さがこの成功の大きな要因になっているのではないかと思っています。

また、この世に生まれてすぐに、子どもに対し、「できること」より「できないこと」を教え込む風潮があり、これが子どもの健全な成長を阻んでしまうため、成長期の子どもにはある種の催眠療法で才能を目覚めさせ、好きなことに自信をもって取り組めるようにさせることをシルバー家では重視しているようです。(そういう意味で、シルバー家の子どもたちが今後どうなっていくか、興味深いです)

今回第3子の出産では、その無痛自然分娩の模様を最初から最後までライブストリームで生中継。3時間にわたる出産の様子を8200人が見守りました。(上掲の動画の最後[18:55~]に、この中継映像の誕生シーンが出てきます。)

シルバー夫妻の食生活やライフスタイルについては言及されていないので、よく分からないのですが、マーカスさんと親交があり、マーカスさんのことを「現代のレオナルド・ダビンチ!」と激賞していることから推察するに、かなり健康意識が高いのではないかと思われます。(マーカスさんの成功哲学では、健康な人でなければ成功できないそうですし。。。)

分娩にかかった時間は、第1子が6時間、第2子が5時間、第3子は3時間で、エリカさん曰く、「至福の3時間」だったそう。

第1子のときは、初めてということもあって、ちょっとリラックスしきれなかった部分もあったようですが、今回は3回目ということで、完全に体の力(抵抗する力)が抜けて、いわゆる陣痛も、収縮する痛みではなく、子宮や産道で胎児を抱きしめながら押し出しているような感覚で、完全に無痛(トランス状態)だったらしい。そして、これは出産に限りませんが、やはり体をリラックスさせるには、呼吸が非常に重要のようです。

そして、出産から15分後には、母子ともにベッドに移動して上のお兄ちゃん2人(4歳と2歳)とも対面。新しく誕生した妹に興味津々の2人が可愛いです。出産直後に親子5人で和気藹々とした時間をもてるというのも、自宅出産ならではですね。

生まれてくる子どもにとっても、自然とはとても言い難い消毒薬臭い、蛍光灯で照らされた部屋に出てきて(出てくるなり逆さづりにされて引っぱたかれたりして)、母親からすぐに引き離されてしまうような状況よりも、自宅での自然出産のほうがはるかに心地よいのではないか。これがシルバー夫妻、マーカスさんに共通する見解です。

健康で、未知のものに対する不安や恐怖心が何もなければ、出産に痛みを伴うことはなく、この「健康で、未知のものに対する不安や恐怖心がない」ことがあらゆる成功の鍵だとマーカスさんは強調しています。

逆にいうと、成功していない人(私とかsweat01)は、不健康で、未知のものに対して不安や恐怖心を抱えているってことですね。。。(図星)

↓は、シルバー邸が出てくるマーカスさんの動画。(3:52)


YouTube: THE PROSPERITY SECRET- ANYBODY can do this

私はこの動画が大好きで、音声だけ録音して、車でも聴いたりしています。happy02

« 今日の選択が未来を作る | トップページ | 総合案内(ver. 5) »

Markus Rothkranz」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

自然派生活」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の選択が未来を作る | トップページ | 総合案内(ver. 5) »