プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 座り続けることは喫煙と同じぐらい体に悪い | トップページ | ロー・ヴィーガン適齢期 »

2017年5月12日 (金)

驚異の70代ロー・ヴィーガン、アネット・ラーキンスの健康の秘訣

Annete_larkins_at_age_73

今日の記事は、年を取らないロー・ヴィーガンとして有名なアネット(Annette Larkins)さんの健康法について。

数年前から何度か記事にしようと思いつつ、いつも中途で断念してお蔵入りしていたのですが、今回、私のアンテナがピピッと反応するインタービューを発見し、とうとう最後まで書き上げることができました。

(2年前ぐらいに「アネット・ラーキンスさんの記事を書いてください」というリクエストを頂いていたのですが、なかなか書けず、今日になってしまいました。のんさん、まだご覧になっているでしょうか? やっと書きました~dog

アネットさんは1942年生まれで現在は米国フロリダ州のマイアミにお住まい。

上掲の写真は、次のVol 2の動画から切り取ったもので、このときアネットさん73歳。肌の色とショッキングピンクの服(+口紅)のコントラストがお洒落で素敵です~heart

今日の記事の元になっているインタビュー動画は次の2つ。

YouTube: 73 Years Young Annette Larkins Talks About Her Life Style Q & A Vol 1

YouTube: 73 Years Young Annette Larkins Talks About Her Life Style Q & A Vol 2

息子さんのエイモス(Amos Larkins)さんがインタビュアーとなって、アネットさん宛ての質問を読み上げ、お母さんから答えを引き出しています。

(ちなみに、アネットさんのお子さんは息子さんが2人。エイモスさんは、アネットさんが18歳のときに産んだ長男さんなので、この動画の時点では、55歳ぐらいのはず。)

● 運動/体操はどんなことをしているのか?

エクササイズ(exercise=運動/体操)というと、体を動かすことがまず頭に思い浮かぶと思うけれど、頭の体操も重要。

ソリテアでは高得点を取らないと「勝った」とは思えない。若いときより頭が冴えているように感じている。

体を動かす運動としては、踊ることが好き。また、階段の上り下りを1日50階~100階分ぐらい行っている。

庭仕事や家(※)の掃除なども自分でやっている。
※ かなり広いようです。

外出先でも店舗の入口から1番遠いところに駐車している(※)。
こちらの記事に書いたとおり、マーカスさんも同じことを言っています。

世間では1日1万歩歩くことが推奨されているが、自分は1日に少なくとも18,000歩は歩いている。27歳の孫娘には、「おばあちゃん、(若い)私でさえ、そんなことやらないわよ~」と驚かれている。

● ポジティブ・シンキング

健康にとっては、肯定的に考えることも、とても重要。

● 飲み水

2012年にテレビの取材を受けた際、レポーターが庭に置いてある水瓶(みずがめ)を指して、「アネットは飲用および植物用として雨水を溜めている」とレポートしてしまったため(※)、あちこちから「どうやって雨水を飲んでいるのか?」という質問が来るようになってしまった。

※ 下掲の動画参照。

けれども、雨水の瓶は植物用であって、自分は40年以上蒸留水器で蒸留水を作って飲んでおり、雨水は飲んでいない。

● タンパク質はどこから取っているのか?

この質問は、52年前にベジタリアンになったときからよく聞かれる。果物、野菜、木の実、種子(+スプラウト)などからタンパク質を摂取できるので、動物を食べる必要はない(※)。
こちらの記事に書いたとおり、マーカスさんも同じことを言っています。

● 健康的な食生活はお金がかかる

必ずしもそうとは限らない。お金がかかるものもあるが、それを回避する方法も探せばある。言い訳を探すより、手段を探すようにしている。

Pay now or pay later.

(今、良い物にお金を使うか、あるいは、今お金を惜しんで、後で病気になって医療などにお金を使うか、という意味)

● スキンケア

内側が外側に表れるので、体内を浄化し、栄養を十分に送り込むことがスキンケアには重要。

みつろう、アーモンドオイル、グレープシードオイル、ヘンプオイル、キャロットオイルなどを使って、クリームを自作している。

● ビタミン B12

必要量はほんの少量。摂取量が不足しているというより、体の中が汚れていて、十分に吸収できないことのほうが問題。体が浄化されれば、善玉菌がビタミンB12を合成する。

● 日焼け止め/メイクアップ

日焼け止めは塗っていない。自然派のメイクアップ用品を買ったりもするが、自分は完璧な人間ではないので、完全に自然派というわけでもない。

● フェイシャル・エクササイズ

大昔、やったことがあるが、長くは続かなかった。

逆立ち療法(inversion therapy)が若々しい顔立ちを保つのに有効と考えている。

3種類の逆立ち療法をやっている。

1. 逆さぶら下がり健康器(inversion table) 約15分
2. ボディ・リフト(※): 約3分
3. ボディ・スウィング(※): 約15分

※ 2と3がどんなものか、私(Norah)にはよく分からないのですが、ネットで検索した感じでは、ボディ・リフトというのはこんな感じ、ボディ・スウィングはこんな感じなのかな?

● サプリメント/発酵食品, etc.

グリーンパウダー、スピルリナ、ロー・ヴィーガン・プロテイン・シェイク等は取っていない。

ザワークラウトは作っている。発酵食品は前消化(消化しやすいように処理)されていると考えているので。

コンブチャ(紅茶キノコ)は昔作っていたが、興味が失せたのでもうやっていない。

ケフィアなども作っていないし、ロー・チョコレートも作っていない。

● ノニ

ジュースを絞るために庭にノニの木を植え(※)、果実からジュースを手作りしている。100%ノニのジュース。市販のものはノニ以外のものを混ぜているが、これは混ぜ物なしで、とても美味しい。

※ Vol. 2 の動画の0:47にアネットさんのお庭のノニの木が出てきます。

                                             ◇ ◇ ◇

やはり、超絶若く見える人は、実践していることも普通じゃないですね。そして、頭の回転も速く、とても知的な才女。素晴らしいです。

次の動画は、アネットさんが雨水を飲んでいるというデマの元になった2012年のニュース番組の映像(当時アネットさん70歳)。

雨水の部分はさておき、アネットさんのご自宅の中やお庭(育てている植物など)も出てきますので、興味がある方は是非ご覧ください。


YouTube: Can You Guess Her Age? -- Raw Vegan Diet Is Woman's Fountain of Youth

この動画には、9歳年上のご主人のエイモスさんも登場します(息子さんとお父さんは同じ名前なのですね)。アネットさんは16歳のときにご主人と結婚されたので、この動画の時点では結婚54周年。

ご主人がアネットさんと歩いていると、若い娘と何やっているんだとか、孫娘を連れているのかとか言われるらしい。

1960年代、ご主人は精肉店を経営していて、アネットさんはその頃(21歳のとき)にベジタリアンになったそう。(ご主人が肉屋で、奥さんが菜食って、すごいですよね…)

アネットさんが100%ロー・ヴィーガンになったのは43歳ごろ。

美容整形などは一切せず、健康的なライフスタイルで若々しい容姿を保っています。

ご主人は動物を食べる普通の食事を続けて、普通に老化し、高血圧や糖尿病の薬も服薬している状態。奥さんと一緒に健康的な食生活にしておけば良かったという後悔もあるようです。(アネットさんは一切の薬が不要な状態)

息子さんのエイモスさんは、ロー・ヴィーガン食をやったりやめたり波があったようなのですが、上掲のQ&A動画(Vol.2)を作成した時点では、99%ローだと言っています。

やはり、偉大なお母さんの影響は計り知れないものがあるのでしょう。think

若くて健康な人から見たら、手間暇のかかる面倒なライフスタイルに見えるかもしれません。

でも、中年以降、体調不良や老化が加速してくると、健康の有り難みが骨身にしみて分かってきます。

そんなとき、70代でも活き活きと精力的に人生を謳歌している先輩の手本というのは大変貴重です。

« 座り続けることは喫煙と同じぐらい体に悪い | トップページ | ロー・ヴィーガン適齢期 »

健康法」カテゴリの記事

菜食主義」カテゴリの記事

運動」カテゴリの記事

食事法」カテゴリの記事

コメント

のらさん

記事にしてくださってありがとうございますo(_ _)o

また再開されてよかったな~と、時々拝見しておりましたよ。
以前、アネットさんとは波長が合わないとおっしゃっていたので
全く期待していなかったのですが、今回かなりのボリュームで
アップしてくださって、うれしかったです。

マーカスさんとはまた違った深みがあって、他のインタビューもおもしろいですよ。食わず嫌い(?)なさらずに、ぜひぜひご覧になってみてください。

私も蒸留水を震災以来飲んでいます。マーカスさんは蒸留水に否定的ですが、私はレーザーで何度やっつけても消えなかった、しつこい顎のニキビが蒸留水に変えてから一気に引きましたので、効果を体感しました。怠けて暫くすると体調が微妙に変わりますので、何かあるのだろうなと感じています。

★ のんさん
こんばんは~。
コメント、ありがとうございます。
名指しでコメントを強要してしまったでしょうか?
とにかく、まだお読み頂いていることが分かって嬉しかったです。

そうですね。食わず嫌いしているかもしれませんね。
私は直感的に好き嫌いを判断してしまうタイプなので。

とはいえ、なんやかんや言っても、アネットさんは有名人ですから、彼女の動画は今回記事内で紹介したもの以外にも、かなりたくさん見ていることは見ているのです。

自分のために動画を見て英語のまま理解するだけなら1~2回見ればいいけれど、日本語で記事を書くためには少なくとも5回、多いときは10回以上動画を見て、どこの部分を記事に使うか考え、日本語に訳し、自分の意見をまとめて...とやっているので、ものすごい時間がかかるのです。

マーカスさんの動画が好きなので、そちらを優先してしまうと、もう他の人の動画を見て記事をまとめる時間と気力が残っていない状態...。

加えて、アネットさんは偉大すぎて、なんか近寄りがたい雰囲気が漂いまくっていて、動画は1回見れば十分って感じで...。

でも、その後、アネットさんと息子さんがコンビを組んで動画を作り出し、ちょっと見方が変わりました。親子の会話なので、とても気安い感じで、見ているこちらもリラックスできる。

あと、蒸留水、実は私も飲んでいます。今度近いうちに水の記事を書こうと思い、このアネットさんの記事が布石になるかな~なんて思っていたところでした。のんさん、私の心を読みました??? (笑)

のらさん

強要とかは何も感じていないです。覚えていてくださったことにむしろびっくりしました。こちらこそ、気安く記事のリクエストをしてしまって、申し訳ありませんでした。

以前は私もブログを書いていましたが、負担に感じてやめてしまいました。英語はほぼないですが、翻訳は今でも仕事として行いますので、どちらもかなり負荷がかかる作業というのはわかっているはずですが、周りに自分と同じような習慣の人は誰もおらず、ブログを発見して嬉しくて嬉しくて、つい……。

のらさんも蒸留水愛用者でいらっしゃるのですね。ご更新を楽しみにお待ちしています。

★ のんさん

リクエストのことは気にしないでください。むしろ光栄で、嬉しかったです。このブログに関心をもってくださっていることの表れですから。

ただ、本業の片手間にやっているブログなので、なかなか思うように行かないこともあり、先のコメントのお返事はちょっと言い訳がましくなってしまいましたcoldsweats01

ローフード関連情報は英語のほうが充実しているので、私はついついそちらを見てしまうのですが、そこで見聞きしたことを日本語でシェアするためには翻訳しなければいけないというのがネックなんですよね。

いつかみんなが超健康体になって、世界中の人と、言語の垣根を越えて、テレパシーでコミュニケーションが取れる日が来るといいな~(…と、話が大きくなりましたsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 座り続けることは喫煙と同じぐらい体に悪い | トップページ | ロー・ヴィーガン適齢期 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ