プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« Heal Yourself 101無料でダウンロードできます | トップページ | ツケが回ってきた »

2017年2月 3日 (金)

ジューサーでジュース作り

4か月続いた脱線状態からなんとか脱出し、ローフード中心の食生活に戻して約1週間。手のひらの荒れ、かかとのひび割れは、少し改善されました。

もっとグリーンが必要だなあ。。。

ってことで、今日は、私がグリーンを大量に取るために活用しているジューサーとそのジューサーで作るグリーンジュースについて。

長いことブレンダーを使って作ったグリーンジュース(詳細は「ブレンダーでジュース作り」を参照)を飲んでいたんですが、昨年の初め、トーニャさんの本、Your Right To Be Beautifulを読んで、ジューサーで作ったグリーンジュースがどうしても飲みたくなり、ジューサーを買いました。

トーニャさんはチャンピオンジューサーを使っていると書いてあったので、影響されやすい私は最初、チャンピオンジューサーを買おうとしたのですが、日本では手に入れにくいということが判明。

で、チャンピオンジューサーと形が似ている、グリーンパワージューサーというのを買いました。

これを注文した直後に、グリーンスタージューサーというジューサーのほうがスペックが上だということに気づき、「しまった!早まったsweat01」とちょっと後悔したのですが、グリーンパワーのほうがお値段がお手頃で、やや小さく軽いので、これはこれで良いのではないか、と最終的には、むりやり自分を納得させました(笑)

そして、それから1年間、断食中を除き、ほぼ毎日のように使っています。

(加熱菜食祭り状態だったときも、とりあえず、グリーンジュースは飲んでいました。でも、食事の中で加熱料理の占める割合が高くなると、グリーンジュースの健康効果だけではカバーしきれなくなり、体調が悪化…sad

グリーンパワージューサー以外のジューサーを使ったことがないので、他のジューサーとの比較はできないけれど、ブレンダーで作ったジュースより遙かに美味しいことは確かです。

(ブレンダージュースも当時はとても気に入っていたのですが…)

材料は基本的に、ブレンダージュース時代と一緒なのですが、最近では、白菜やごぼうなど、以前は入れたことのなかったものも入れています。例えば、今日のレシピは、

  • 小松菜(1袋)
  • 白菜(1/4の1/3ぐらい)
  • きゅうり(1本)
  • セロリ(1本)
  • にんじん(1本)
  • ごぼう(10cmぐらい)
  • しょうが(少々)
  • にんにく(1片)
  • レモン汁(1個分) ※手で絞って後から加えています

これで500mlぐらいのジュースができました。

加熱菜食時代、白菜というと、漬け物(ぬか漬け・浅漬け)とか炒め物(八宝菜とか)でよく使っていました。塩分や熱で水分を飛ばし、白菜をしんなりグッタリさせることに腐心していたのですが、今から考えると、大変もったいないことをしていたなと思います。

ジューサーで絞ると、白菜から大量の水分が絞れるのです(白菜は95%が水分らしい)。でも、この水分は、ただの水じゃない。ビタミンやミネラルが含まれています。

加熱調理では、こうしたビタミン等の栄養素は破壊されてしまいますし、漬け物は生だけど、塩分で水分が抜けてしまうし、塩分はむくみの素だし…。

その点、ジュースの材料として使うと水分を余すことなく使え、青菜の苦みも薄められて、飲みやすくなります。

水分の多い野菜でジュース向きなものとしては、チンゲンサイもあります。

チンゲンサイも昔は加熱調理して水分を飛ばしていて、気づかなかったのですが、あのでっぷりした茎に水分がしっかり蓄えられていて、ジューサーで絞ると、面白いほどたくさんの水分が出てきます。

きゅうりも水分多いですね。

あ、あと、スイカの皮も。夏場、ジュースに入れていました。スイカ丸ごとスムージーが好きで、このスムージーを作ってしまうと皮は残らないのですが、ときどき、ムシャムシャそのまま食べたくなることもあり、その際は皮が残ってしまっていました。皮をそのまま捨てると生ゴミが水っぽくなるので、厄介だなと思っていたのですが、ジュースにして絞ってしまうとパサパサの絞りかすになるので、捨てやすいです。

ごぼうは、血液浄化、美肌効果が高いと言われている食材。肌の若返りを狙っている私としては、常食したいのですが、生では食べにくい。でも、ジュースなら生のままでもいけます。ま、たくさん入れると、非常に不味いジュースとなりますが…。(初めて入れたとき、惜しげもなく大量投入して、とんでもない味になってしまいましたsweat02

きゅうりとセロリとレモンの効能は、こちらの記事に書いたとおり。

生姜は血行促進。にんにくは寄生虫対策で入れています。

青菜は、小松菜、チンゲンサイ、春菊、ほうれんそうなどでローテーションさせて、同じ種類が続かないようにしています。

にんじんをりんごにしたり、白菜をキャベツにしたりすることもありますが、きゅうり、セロリ、ごぼう、しょうが、にんにく、レモン汁は基本的にいつも入れるようにしています。

さらに、ブロッコリー、グリーンアスパラガス、パセリ、豆苗、サラダで使い切れなかったその他の野菜たちも、傷む前にジュースに投入しています。

大昔、充実野菜とか市販の紙パックや缶、ペットボトルに入ったジュースをよく買って、体に良いことをしている気になっていましたが、本物の野菜ジュースを知ってしまうと、あれはまったくの別物だということが分かります。加熱され、生命力を失った糖分の塊。有益というより有害。常飲すべきものじゃないですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グリーンスタージューサー エリート【GSE5000】
価格:85000円(税込、送料無料) (2017/2/3時点)


« Heal Yourself 101無料でダウンロードできます | トップページ | ツケが回ってきた »

自然治癒力」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

食事法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Heal Yourself 101無料でダウンロードできます | トップページ | ツケが回ってきた »