プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 天使を引き寄せる食べ物 | トップページ | マッシュルーム »

2015年12月11日 (金)

ワクチンでポリオになった少年が自然治癒力により回復!

今日は、生ポリオ・ワクチンの接種を受けた結果、ポリオ(急性灰白髄炎または小児麻痺とも呼ばれる)を発症し、生死の境をさまよう苦難の闘病生活を強いられたものの、断食や100%ローフードの実践で完全に健康を取り戻したジェシー(Jesse Bogdanovich)さんのインタビュー動画をご紹介します。

YouTube: Vaccine gives boy Polio, almost dies & heals himself naturally

ジェシーさんは現在38歳。やや細身ではありますが、肌つやが良く、年齢よりずっと若く見え、とても健康的な雰囲気。

そんな彼も、かつては、生後10か月で受けた生ポリオ・ワクチンにアレルギー反応を起こし、けいれん、発作、まひが後遺症として残り、とても苦しい幼少期を送っていたとか…。

ポリオを予防するためのワクチンでポリオになるという、なんとも馬鹿げた冗談のような話なのですが、当事者にとってはまったくもって笑えない悪夢です。

ジェシーさんのご両親は、自分たちが予防接種を受けさせたばっかりに、こんなことになってしまったという強い自責の念に駆られ、体に良い食べ物、療法などを求めて奔走していたものの、なかなか改善策が見つからないまま時が流れていったようです。

Jesse10yearsold

左の写真はジェシーさんが10歳の時のもの。

かなり細いですね。やせこけている彼を太らせようと、医師たちは乳製品、脂肪、ジャンクフード等の加工食品を無理矢理食べさせたらしい…。

が、事態は悪くなる一方で、若年性糖尿病や消化器異常を発症し、さらに苦しむことに…。

始終(針ではなく)ナイフで刺されたような激痛が全身を走り、手足を上手く動かすことができず、医師からもせいぜい13歳までしか生きられないだろうと言われていたとか…。

毎日、激痛に苦しめられ、まともに歩くこともできず、医者からも見離され、ご両親(特にお母さん)の献身的な看護には感謝しながらも、絶望的な気持ちになり、ある日、高いビルの上から飛び降りたくなったそう。

鳩が自由に飛び回っている様子を見て、死んでしまえば、自分もこの痛みや苦しみから解放されて自由になれるだろうと思って…。

でも、いざ飛び降りようとしたら、自分の中から「飛び降りるな!」という声が聞こえてきて、すんでのところで思いとどまったらしい。

その後まもなく、お父さんが断食療法の本を見つけ、断食を試してみようということに。

ジェシーさんとしては、治るんだったら何でもする!というぐらい追い詰められていたから、普通の子どもなら怯んでしまうような断食にも、意欲的に取り組めたのでしょう。

最初は1日断食。何日かあけて次に3日断食。それから、5日、7日、10日、15日…という具合で、ゆっくりと、徐々に徐々に断食期間を延ばしていき、最終的には21日間の水断食を何回かやったそうです。

この断食期間中に、初めて、自分の体の中で何かが目覚めるのを感じたらしい。

そして、物心ついたときから常につきまとっていた激痛が完全に消えてなくなったそう。

でも、完全に痛みがなくなったことで、「完治したのだから、もう何を食べてもいいんだ!」と思って、普通の食事に戻したら、また具合が悪くなってしまい、再び断食を開始。そして、よくなって普通の食事をすると、また具合が悪くなり、断食→普通の食事→断食→普通の食事…というパターンの繰り返し。

その後、ローフードの本に出会い、「加熱調理したものを食べている人間とペットだけが退行性疾患にかかっている」との記述に心底納得し、ローフードに転換。

それから17年半、100%ローフードの食生活を実践されているとのこと。

clover 予防接種の後遺症に苦しんでいる人へのジェシーさんからのアドバイス

Jesse2011

  • 断食
  • ストレス管理
  • ローフード
  • 日光浴
  • 自然の中に行く
  • 歩く
  • 質の良い睡眠
  • 好きなことをする
  • 好きな人たちと過ごす
  • 心の安らぎを見つける

これらはマーカスさんも常々言っていることであり、あらゆる人に当てはまります。

医者に見離されるような状況でも、自然に沿った生き方をすれば、健康を取り戻すことができるわけですから、ちょっとした不調なら、なおのこと、もっと簡単に健康になれるはず。

人間、どん底まで行かないと、なかなか大々的に生活習慣を変えられないものですが、できるだけ症状が軽いうちに、できるだけ若いうちに、健康的な生活習慣を始めるに越したことはありません。

ローフードと自然に即した生活で、一人でも多くの人が健康になれますように…。shine

※ジェシーさんのサイト(英語)はこちら

※ジェシーさんのお母さんが登場する動画の記事はこちら

« 天使を引き寄せる食べ物 | トップページ | マッシュルーム »

Markus Rothkranz」カテゴリの記事

自然治癒力」カテゴリの記事

菜食主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天使を引き寄せる食べ物 | トップページ | マッシュルーム »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ