プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« コーヒーエネマ(マーカスさんの見解) | トップページ | ひとりごと »

2014年7月 2日 (水)

青菜の千切り

濃い緑の葉野菜は、消化しにくいのでジュースやスムージーにすることが多かったのですが、ジェニファー・コンブリート(Jennifer Cornbleet)さんの動画を見て、サラダにも時々取り入れるようになりました。

YouTube: Mediterranean Kale - An Easy To Make Raw Food Recipe With Pine Nuts & Olives

使っている青菜はダイナソーケール(dinosaur kale)。直訳すると恐竜ケール。恐竜。。。いかにも消化しにくそうです(笑)。

では、この硬くて食べにくいケールをサラダに入れるには、どうすればよいか。それには、極細の千切りにして手で揉んで柔らかくすればよいとのことです。

ジェニファーさんの手順をまとめてみます。

  1. 中心の芯を取り除く。(芯の部分はジュース用にまわす)
  2. 葉を重ね、縦に半分に折り、それを巻き上げて小さな筒状にする。
  3. この筒状に巻いたものを極細の千切りにする。
  4. 千切りのケールを入れたボールに、オリーブオイル、レモン汁、海塩を入れる。(オイル、柑橘の汁、塩は硬い野菜を柔らかくする作用がある)
  5. ドレッシングを絡めながらケールを手で揉む。(手で揉むことは、蒸すなどの加熱調理と同様の効果があり、加熱調理とは違って、素材の色や栄養素が壊されることはない)

動画の中でジェニファーさんは、この方法はほうれんそうやチャード、バジルなどにも使えると言っていました。私の家の周辺ではケールが手に入らないので、小松菜やチンゲンサイなどのケール以外のアブラナ科の野菜に応用しています。

« コーヒーエネマ(マーカスさんの見解) | トップページ | ひとりごと »

食事法」カテゴリの記事

食材・調味料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒーエネマ(マーカスさんの見解) | トップページ | ひとりごと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ