プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴12年。

    follow us in feedly

Goldfish

« カフェイン | トップページ | 花を食べる »

2012年10月 7日 (日)

質素に暮らすロー・ヴィーガン・ボディビルダー

今日は、アメリカでタクシー運転手をしながらボディビルディングに励むロー・ヴィーガンの男性の動画をご紹介します。

YouTube: Raw Food Vegan Bodybuilder cab driver eats no meat

ダニー(Danny Dalton)さんは53歳(2010年現在)。2002年にロー・ヴィーガンになったそうです。ラスベガスでタクシーの運転手をやっていて自ら「貧乏」と言い、質素な生活を送っています(…といっても、日本の住宅事情に照らすと、動画を見る限り、そんなに悲惨な住環境には思えませんが…)。

サプリメントなどは一切摂らず、生の果物、野菜、ナッツ、シードだけを食べ、週2回、1回3時間のトレーニングで、53歳とは思えない筋骨たくましい体を維持されています。ステロイドを使っているボディビルダーはもっと筋肉隆々になるようですが、素人目では、ダニーさんぐらいで十分に思います。筋肉を大きくして肉体を強靱であるかのように見せかけても、有害な物質で体が病んでしまっては元も子もないですから…。

ダニーさんのローフード生活は平坦な道のりではなく、紆余曲折があったようです。食事を初めてローフード100%にした際、体重が91kgから23kgも減って68kgになり、周囲から病気ではないかと心配され、自分も不安だったとのことですが、なにか良い方向に向かっているという手応えがあって続けたところ、1年半後には体重が少し増え、77kgになったそうです。やはり体内に不要な老廃物(毒素)があればあるほど、当初の体重の減り方は激しいみたいですね(※)。

※ローフードに切り替えた当初の体重減についてはこちらで説明しています。

そして、体重が少し増えたところで、子供の頃から好物だったピザを食べることにしてしまい、それがきっかけとなってローフードから完全に脱線。せっかく健康になりつつあったのに、その脱線でまた体調が悪化。前立腺炎、腎臓結石を患うことに…。ベジタリアンの食生活で腎臓結石になって死にかけたので、ヴィーガンになろうと決意。でも、ヴィーガン生活を始めたにもかかわらず、また腎臓結石になってしまったので、ロー・ヴィーガンに戻るしかないと観念したようです。

●ダニーさんの食事例

  • 主なタンパク源は生のスパニッシュ・ピーナッツ。このピーナッツとレーズンをフードプロセッサーで調理(動画ではこの上にバナナがのっているようですが、桃、パパイヤ、マンゴーなどを添えることもあるようです)。
  • ジャガイモ、アボカド、生しょうゆ、ケールをフードプロセッサーで調理。これはマッシュポテトのような味がするとか。
  • グリーンサラダにはトマトとタンポポの葉を使用。タンポポの葉を生のりで巻いて食べると寿司の味がすると言っています。

この動画を見て、私もジャガイモを生で食べてみました。フードプロセッサーを持っていないので、皮をむいたジャガイモをおろし金でおろし、それに細かく刻んだアボカドを混ぜ合わせ、調味料なしでサラダと一緒に食べたんですが、まあまあ美味しかったです。芋類は80/10/10では人間の食べるべきものではないという扱いですが、非常食としては良いかもしれないと思いました。

その後、ジャガイモの生食に続き、サツマイモも生で試しました。サツマイモを皮ごとおろし金でおろし、それに細かく刻んだルッコラ、薄切りのオクラと混ぜ合わせて食べましたが、この組み合わせが私のツボにはまってしまい、何回か続けて作りました。

タンポポはマーカス(Markus Rothkranz)さんがすごく勧めていて、タンポポの葉の苦みは肝臓のクレンジングに良いそうです。ダニーさんもマーカスさんのセミナーに参加して話を聞いたみたいですね。

先日FruitMonsterさんからもコメント欄でタンポポが美味しいと聞いていたので、是非食べたいと思っていたのですが、道ばたのを摘んでくる勇気がなくて、庭に生えていた小さいタンポポを摘んでみました。まだ小さかったせいか、あまり苦みもなく、のり(生のりがなかったので、焼きのりですが)で巻いて食べたら、普通の海苔巻きって感じでした。庭にもっとタンポポを増やしたいなあ…。

ダニーさんは1日の食費が5~6ドルなのだそうです。円に換算すると500円ぐらいってところでしょうか。ドライフルーツやナッツ、ジャガイモ、タンポポなどを取り入れ、オーガニック(有機)にはこだわらないということで、そのような低い食費になっている模様です。日本でこの食費でローフード生活が実践できるか疑問ですが、今後、何らかの事情で果物や野菜が入手しづらい状況になった場合、芋類や野草は重宝するかもしれないなと思いました。

【2012.10.8追記】
ドライフルーツやナッツは「生」であっても、その人の運動量や体質によってはトラブルが発生する場合があります。私自身はナッツを食べると(少量でも)すぐ吹き出物ができ、消化が妨げられる感じがするため、今ではめったに食べませんし、ドライフルーツも水分が抜けていて甘みが強いので生のホールフードの果物の補助として利用しています。ドライフルーツやナッツは、頻度と分量に注意して、様子を見ながら試されることをお勧めします。

ダニーさんの愛犬についての記事はこちら

※ ロー・ヴィーガン・ボディビルダーの紹介動画(ダニーさんも入っています)に関する記事はこちら

※ ダニーさんは1日1食で少食だそうですが、こちらのヴィーガン男性も1日1食の少食でマッチョ系です。

« カフェイン | トップページ | 花を食べる »

Markus Rothkranz」カテゴリの記事

菜食主義」カテゴリの記事

食事法」カテゴリの記事

食材・調味料」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
マーカスさんの動画、感動しました!
あのシリーズって、アヤシイけどいい動画がたくさんありますよね・・・。
ビーガンの猫の話とか感動しましたもの。

たんぽぽが肝臓にいいと聞いて食べてみたくなりました!
それこそどこにでも生える=生命力が強い、っていうことですもんね。
雑草や野草のほうが身体にはダイレクトに効きそうですね。

そうそう、私もナッツで吹き出物が必ず出ます。
生なのになんで??って思いましたが、やはり体質なのかな~って思っています。
生のくるみとアーモンドをキロ買いしたあとに気づいて、いまだに冷蔵庫に眠ってます。
バナナ、アボカド、ナッツの大量摂取で吹き出物になるので、やはり脂肪分なのかなって思ってます。
大好きなロー海苔巻きも、たまのご褒美なのです~~。

Norahさんの紹介してくれる動画楽しみです!英語はいまいちですが雰囲気で
頑張ります!w

★ すーちーさん
いつもコメントありがとうございます!

マーカスさんいいでしょ? マーカスさん自身もとても魅力的だし、彼が取材している人たちもユニークで面白いので、目が離せません。これからもちょこちょこ、マーカスさん関連の記事を書いていこうと思っています。

そして、あの怪しいシリーズの動画。画面の半分が字幕に覆われていて、うっとうしいなあと思いつつ、マニアックな内容が面白くって、つい見ちゃうんですよね。ビーガンの猫さんは、韓国のお寺にいるのでしたっけ?

ナッツのキロ買いはローフードを始めた人なら、だれでも一度はやりたくなりますよね。私もやりました。そして大食いして失敗しました…。今ではナッツを買うと、すぐに冷凍庫に入れちゃって、たま~に、少しず~つ食べるようにしています。

タンポポ海苔巻き。おいしそうです☆
庭にタンポポなんて最高ですね。

そしてダニーさん53歳にまったくみえないですね。
本当にロー・ヴィーガンの方たちは若々しいです。

そしてそして質素なローフード生活でも、たくましいボディになれるんですね。
ぼくは運動はしていますが、まだタンポポの茎みたいな体つきです(笑)

Norahさんのブログを読むとモチベーションが上がります。

目指せダニー&マーカスさんで頑張ります☆

★ FruitMonsterさん
いつもコメントありがとうございます!

たんぽぽ海苔巻きが良かったので、春菊も海苔巻きにしてみましたが美味しかったです。ちょっと苦みのある青菜はのりと合うのかな。

庭のたんぽぽ、もう食べ尽くしてしまいそうです(笑)。今度どこかで綿毛を見つけたら採集して庭にまかねば…。

FruitMonsterさんは細身なのですね。でも、運動をされているし、体調も良いとおっしゃっていたので、健康体なのではないでしょうか。私も世間一般の基準からすると「やせすぎ」なのですが、最近では、世間一般の基準が「太りすぎ」なのだと開き直って、気にしないことにしています。私の同年代はメタボ体型が多く、「平均値」というのはそういう人たちが引き上げているんだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェイン | トップページ | 花を食べる »