プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 海塩を摂取しても大丈夫なのか | トップページ | 内観法と軟酥の法 »

2012年2月15日 (水)

鼻うがい

毎度尾籠(びろう)な話で恐縮なのですが、先日の記事(「ローフードでとうとうデトックス?」)にも書いたように、最近、老廃物の排泄が活発化してきました。鼻水も結構出るのですが、鼻の穴から出ず、喉にまわってしまうものもあり、それが喉を刺激して不快なので、久しぶりに鼻うがいをしました。

私の鼻うがい歴は結構長く、初めて試したのは中学生の頃だったと思います。

最初、鼻に水を入れるなんて、そんな恐ろしいことはとてもできないと尻込みしていました。でも、鼻風邪を引くことがあまりに多く、特に試験期間になると、必ずといっていいほど鼻が出て、かんでもかんでも止めどなく出てくるというありさまでした。試験問題を読もうとして下を向くと、タラ~っと垂れてくる。ティッシュで押さえたり、問題用紙を手で持って上に上げて下を向かないようにしたり、非常に苦労していました。

それで、なんとか鼻をすっきりさせたいという一念で、思い切って鼻うがいにも挑戦。スポイトを使い、おそるおそる鼻に水を入れてみました。鼻から入れた水を口から吐き出さなければいけないのですが、はじめの頃はそれがうまくできず、飲み込んでしまったりしたこともあります…(汗)。

そんな失敗も、今では笑い飛ばせるぐらい、すっかり慣れ、達人技の域に達しております。もはやスポイトなど使わず、コップからダイレクトに鼻に水を入れ、あっという間に口から吐き出せます。初心者は片方の鼻の穴を手で押さえたりするようですが、そんなこともせず、グイとコップの水をあおり、ほとんど間髪いれずに口から出すという感じ。この妙技を人前で披露できないのが残念です(笑)。

菜食を始めてからは、鼻のトラブルに悩まされることがなく、得意の鼻うがいもご無沙汰状態だったのですが、ここにきて、鼻と喉の接続点あたりがあまりにも苦しいので、久しぶりに鼻うがいをしたら、おそろしく汚い色のドロッとしたものが出てきました(ひえ~)。

体の細胞が全部入れ替わるまでの期間は、7年だったでしょうか。私の体の中には、まだまだ不要なものがたくさんありそうなので、気長に体の排泄活動につきあっていくしかないですね。

鼻うがいの出番が完全になくなる日はいつかなあ。。。

※ 鼻をもっと徹底的に洗浄したい場合は「鼻洗浄(ネティ・ポット)」の記事をご参照ください。

« 海塩を摂取しても大丈夫なのか | トップページ | 内観法と軟酥の法 »

健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海塩を摂取しても大丈夫なのか | トップページ | 内観法と軟酥の法 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ