プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 心を落ち着けたい | トップページ | 人間の住むところ »

2011年6月29日 (水)

下着考

6月だというのにすっかり真夏ですね。暑いです。

体を解放する」ではブラジャーの問題について書きましたが、女性の体は胸以外にも、あちこち締め付けられているような気がします。

例えば、鼠径(そけい)部。この部分が圧迫されると、リンパの流れが阻害され、健康上のみならず、美容上も好ましくない結果を招くと思います。

ところが、下着って、鼠径部を圧迫するものが多いです。ガードルはその代表ですが、ショーツでもきついゴムが入っていて、足の付け根に食い込むようなものがあります。そうしたものは要注意です。老廃物の回収を妨げ、体をむくませる可能性があると思います。

では、鼠径部を圧迫しないスタイルって、どのようなものがあるでしょうか。

  • ノーパン
  • 湯文字(ゆもじ)
  • Tバック/Gストリング類
  • ふんどし
  • トランクス
  • ボクサーショーツ

私は、「冷えとり的服装」に書いたとおり、下半身は重ね履きしています。そのため、ノーパン、湯文字のように、クロッチ部分に布がないと、ロングパンツを直履きしている状態になってしまいます。なので、この二つは私向きではないと判断しました。

また、Tバック/Gストリング類は、鼠径部の開放感は非常に良いんですが、私が試したデザインでは、クロッチ部分がすぐに伸びてしまったり、逆にフィットしすぎてきつかったり、着用していて何だか落ち着きません。よって、これらも却下。

ふんどしは、女性用のデザインも色々出ているので、ファッション的にも抵抗なく、また、自分で好きに調整できるので締め付け感がなく、とても良かったです。ただ、着物を着て、ボトムス重ね着した状態で、ふんどしというのは、トイレでの動作がなかなか面倒なんです。この点がイマイチでした。

トランクスは開放感がありそうですが、ローライズではないので、着物との相性が良くないことと、重ね履きしたときに、ゴロゴロしそうな点から、これまた私向きではないと考えました。

そして、最後のボクサーショーツ。適当なものが見つからなかったので、例によって、また手作りしてみました。参考にさせていただいたのは、次のサイトです。

柳腰亭(手作り下着の実例と作り方)

この中のボクサーショーツの作り方のページを見て作りました。相変わらずミシンを持っていないので、手縫いです。以前、ステテコを手縫いしたときに比べると、ショーツは縫う長さが短いので楽でした。

そして、実際に着用してみたら、このボクサーショーツがいちばん気に入りました。履き心地が良いし、重ね履きとの相性も良好です。少しずつデザインを自分用に改良しながら枚数を増やしていこうと思っています。

私は決して縫い物が得意なほうではありません。洋裁なんて、中学の家庭科で習った程度ですし、大雑把な性格なので、型紙の作成や裁断もかなりアバウトです。でも、とりあえず縫い合わせると、なんとか形になるもんですね(笑)。

« 心を落ち着けたい | トップページ | 人間の住むところ »

健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564467/52037901

この記事へのトラックバック一覧です: 下着考:

« 心を落ち着けたい | トップページ | 人間の住むところ »