プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 心が環境に与える影響 | トップページ | 72歳のセクシーなロー・ヴィーガン »

2011年4月 4日 (月)

超能力開発

こんなタイトルを付けてしまい、変に期待させてしまうと申し訳ないので、あらかじめ断っておきますが、私には一般に見えないものが見えるとか、未来を予知できるとかいった特別な力はありません。まったくの凡人です。

でも、ときどき「ひらめき」はあります。仕事やプライベートの問題で、ふと解決策を思い付くのです。たぶんこういうことは誰にでもあると思うのですが、これを自分の努力のたまものと取るか、宇宙からのメッセージと取るかで、ずいぶんと違いが出てくると思います。

このブログでも何回か紹介しました関英男博士の『高次元科学』によりますと、

そもそもひらめきというのは、自分の頭が生み出した産物と思いがちですが、実はもっと奥深いものです。
ひらめきは、神、あるいは宇宙人、宇宙意識といった存在からのメッセージなのです。
そして、そのメッセージは、神や宇宙人を信じられるようになった瞬間から届き始めます。

とのことです。ただ、心と体の準備ができていないと、いくら信じていても駄目らしく、私のひらめきが凡人レベルにとどまっているのは、この準備不足に原因があるのかなと思っています。

私が小学生の頃、もう大昔の話ですが、スプーンを曲げる超能力少年が話題となりました。私のクラスメートにも一人、スプーンを曲げられる男の子がいて、テレビに出たりしていました。私はひねた小学生だったので、どうせ何か裏があるのだろうぐらいの気持ちで、あまり信用していなかったのですが、今では超能力少年が存在しても不思議ではないと思っています。現代科学では説明のつかないこともたくさんあると思えるようになってきたんです。ま、スプーン曲げについては諸説ささやかれており、私のかつてのクラスメートが本物の超能力者だったのか、単に何らかのトリックを使った偽物だったのか、今となっては知る由もありませんが…。

超能力が一部の限られた人だけのものかというと、そうでもないようです。前記の『高次元科学』には、誰でも超能力者になれる方法が書かれています。

超能力を獲得するには、朝日を浴びるといいらしいです。それも、地平線、水平線から半分だけ顔を出したときが最もよいとのことです。この理由を知りたいという方は、『高次元科学』をお読みください。サイ科学の立場から説明されています。

私は節電も兼ねて、早寝早起きを心掛けているのですが、実は超能力開発も密かに目論んでおり、できるだけ朝日を浴びるようにしています。毎日浴びると、100日目に効果が出るらしいのですが、ときどき寝坊してしまい、地平線、水平線から半分だけ顔を出したときを逃しています。今朝も気がついたら、夜が明けていて「しまった!」と思って時計を見たら、5時半でした。5時前に起きないとだめですね…。

また、森美智代さんの『食べること、やめました』には、「訓練していなくても、少食で特殊な脳波が出る」と書いてありました。毎日青汁1杯(+サプリメント)のみで10年以上生活されている森さんは、霊能力をもち、植物や人間のオーラが見えたり、自動書記や遠隔治療といったこともできるようです。

今の私にはとても想像できない世界ですが、お腹いっぱい食べていたらそうならないことは、なんとなく分かってきました。ローフード熱が再燃して、今はだいたい1日おきぐらいに生食100%の日になっているのですが、加熱食の日はどうも食べ過ぎるきらいがあり、お腹が重くて冴えないんですよね。もう少しローフードに慣れてきたら、加熱食を3~4日に1回ぐらいに減らして、この冴えない日を減らしていきたいと思っています。

早起きと少食。この課題をクリアーして、いつの日か超能力を手に入れたいです(笑)。

« 心が環境に与える影響 | トップページ | 72歳のセクシーなロー・ヴィーガン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564467/51298214

この記事へのトラックバック一覧です: 超能力開発:

« 心が環境に与える影響 | トップページ | 72歳のセクシーなロー・ヴィーガン »