プロフィール

  • Profile_red_clover

    名前: Norah(のら)
    不健康な健康オタクという汚名を返上すべく、心穏やかに暮らす術を模索中。2012年に本格的にローフード生活に移行。菜食歴11年。

    follow us in feedly

Goldfish

« 世間の奴隷 | トップページ | ハンカチとティッシュ »

2011年1月 6日 (木)

20年ぶりの再会

20年以上前に見たテレビドラマなんですが、ずっと頭の片隅に残っていたものがあります。細かい話の筋は忘却の彼方でしたが、とにかく漠然とした印象が記憶に刻まれ、数年前、無性に懐かしくなり、原作を図書館から借りて読んでみました。しかし、原作はずいぶん設定が異なり、テレビドラマほど良いとは思えませんでした。原作よりテレビドラマの方が面白いと思ったのは、これが初めてでした。

古いドラマですし、DVD も出ておらず、もう二度と見る機会はないだろうと半ばあきらめていました。ところが、先月、なんと、YouTube にアップされていることを知り、20年ぶりに見ることができたんです。大感激でした。そして、今見ても、とても良かったです。(YouTube にアップしてくださった方、本当に感謝いたします!)

これは『スティル・ライフ』という1989年に放映されたドラマです。このドラマをどうしてそんなに気に入っていたのかというと、田中裕子さんが演じる、霧子という主人公の生き方に惹かれたからだと思います。

彼女は訳があって、ものをもたない生活をしており、そのシンプルな暮らしぶりに、若かった私は非常に憧れたことを思い出しました。私はバブルで世間が浮かれている頃も、「氷河期」と言われるぐらい実入りの少ない仕事をしながら、地味な暮らしをしていたので、ものがなくても、心を充実させて生きている霧子に、ことのほか感情移入してしまったのかもしれません。

このドラマには、もうひとりマリエという、南果歩さんが演じる主人公がいて、彼女は彼女で訳があって、心を病んでいます。そのマリエに対し、霧子は、並んで立つ二本の木の絵を見ながら、次のように言っていました。

マリエさん、
世界とあなたの関係は、
この二本の木のようなものだと思ったほうがいいと思うの。
きっとあなたは、自分は世界の一部に属している。
そう思っているかもしれないけど。
前はわたしもそう思ってたわ。
だから、世界が自分をうまく受け入れてくれないと、
腹を立てたり、傷ついたりして。

でも、あるときから、世界と自分は、
あんなふうに、どちらも寄りかかったりしないで、
まっすぐ立ってる、二本の木のようなものだと、考えてみることにしたの。
そしたらとても気持ちが楽になって、
心の力を余計なことに使わなくてすむの。
水の味が分かって、人や自分を怒らせることが少なくなって。

上記の内容は、後の場面で、次のように言い換えられていました。

この世界はあなたのために存在すると思ってはいけないわ。
世界はあなたを入れる容器ではないのだから。
世界とあなたは、二本の木が並んで立つように、
どちらも寄りかかることなく、それぞれにまっすぐに立っているの。

あなたは、自分のそばに、世界という立派な木があることを知っている。
それを喜んでいる。
でも、世界のほうは、あまりあなたのことを考えていないかもしれない。

この世界観の表現方法は面白いなと思いました。上記のセリフの中にある「世界」は「世間」に置き換えてみると、より分かりやすいかもしれませんね。

「十年一昔」と言いますから、20年となると二昔。二昔前の自分というのは、自分であって自分でない気がします。嗜好も考え方もずいぶん変わりました。今の私には理解不能な行動をとったりしていたので、思い出したくないことも結構たくさんあります(笑)。

でも、シンプルな暮らしに憧れているあたりは、やはり私らしいというか、変わっていない。このドラマを通して、久しぶりに20年前の自分に再会できて、とても嬉しかったです。

YouTube: スティル・ライフ 10-1

※ 続きは次のリンクからどうぞ。
[スティル・ライフ 10-2]    9:03
[スティル・ライフ 10-3]    9:12
[スティル・ライフ 10-4]    9:47
[スティル・ライフ 10-5]    9:59
[スティル・ライフ 10-6]    9:29
[スティル・ライフ 10-7]    9:44
[スティル・ライフ 10-8]    9:01
[スティル・ライフ 10-9]    8:47
[スティル・ライフ 10-10]  9:25

※原作では、主人公は二人とも男性になっています。

« 世間の奴隷 | トップページ | ハンカチとティッシュ »

人生哲学」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
はたまた、寒中お見舞い申し上げます^^

のらさんのブログは、価値観が似ているので、ほっとして嬉しくなります。
語り合いたくさえなります^^

12月お誕生日だったんですね。おめでとうございます^^射手座か山羊座か気になります^^
私は12月はパーテイーが多くてコントロールが難しかったです。特に人には言わないので、勧められるままに気遣いから食して、とうとうひどい熱を出しました。熱のまま長期の旅行に出て、また動物性を頂いたので、体調不良が長引く事。自分の卑しさに呆れました^^

今回のドラマのご紹介も嬉しいです。楽しみに観ますね。
お忙しい中ブログの更新だと思います。いつもとっても楽しみにしています^^
今年も宜しくお願い致します。

>ひろりんさん
あけましておめでとうございます。
ご旅行中に体調不良とは大変でしたね。もう回復されたのでしょうか。
私も普段と違うものを食べると、とたんに体調が悪くなるので、体って、ほんと正直だなあと思います。

今回のドラマはまったく偶然にネット上で見つけたので、喜びもひとしおで、私にとって最高の誕生日プレゼントとなりました。ちなみに、星座は射手座です。

コメント、大変励みになります。今年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564467/50452521

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりの再会:

« 世間の奴隷 | トップページ | ハンカチとティッシュ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ